HOME>Column>許可なく鳩を駆除してはいけない!?鳩に関する法律を学ぶ

許可なく鳩を駆除してはいけない!?鳩に関する法律を学ぶ

はと

鳩を勝手に駆除すると罪に問われる!

家のベランダなどに鳩が棲みついていたり、巣を作られてしまったりした場合でも勝手に駆除する事は出来ないので注意しましょう。敷地内であれば駆除しようがしまいが構わないのではと、感じるかもしれませんが鳩という鳥は「鳥獣保護法」という法律で保護されています。あまり知られていませんが鳩は殺してしまうのは論外で威嚇や、追い出す、巣を壊すといった行為も法律違反になってしまう恐れがあるようです。もし、鳥獣保護法に違反してしまった場合、最悪「1年以下の懲役又は100万円以下の罰金」の刑に処される可能性があります。鳴き声がうるさい、糞や尿の臭いに悩んでいるという場合でも、素人が何かしらの対策や駆除を行う事は出来ません。

男性たち

安全のためにもやっぱり専門業者に依頼

鳩は鳥獣保護法という法律で保護されている事もあり、狩猟免許を持った専門家が市区町村などにしっかりと申請して、許可を得た上でなければ駆除する事は出来ません。自分で対策を行うとなると法律違反になってしまう事も考えられるので、安全の為にも専門業者に依頼するのがおすすめです。プロである専門業者は鳩の習性を熟知しており、その習性に合った対策をしてくれるので安心して任せる事が出来ます。追い出した上で侵入口にワイヤーやネットを張って、鳩が再び侵入しないような対策をするのが一般的な方法です。また、場合によっては忌避剤を設置して住みにくいと感じる環境を作りだし、近くに寄らないようにする事も出来ます。鳩対策は高所での作業となるケースが多いので、転落事故や怪我を防ぐためにも無理に自分で行わず、専門業者に依頼しましょう。